DIALux evo Tutorials for Beginners part 10 — Street lighting

DIALux evo Tutorials for Beginners part 10 — Street lighting


DIALux evoの動画へようこそ。 今回は街路の企画です。 テーマは街路照明です。 標準街路の建設から始めろうと思います。 ご存知かもしれませんが、標準街路はまっすぐですので、カーブでも坂でもありません。 今回はこのような街路を建設します。 大通り、遊歩道、駐車場からなる街路を設計しようとします。 遊歩道と駐車場の幅は合計2Mで、大通りの幅は7Mです。
もう一方の側も同じです。 街路計画はここから始めます。 今回は標準に従って街路計画をする方法を紹介します。 この画面に入れたら、三つのセクションが見えます。 いつものように、左側にすべてのツールがあります。 そして上部の下部で展示オプションを変更できます。 まずは、平面図に対して、3Dビューか側面ビューに変更できます。
でも今回の場合にはその変更は意味ありません。 または全部変更できます。こうしたらジ数値と結果の情報に集中できます。 プレビューに戻ります。 シンプルな街路を作成しようとしています。 さっき言った通り、街路の幅は7Mです。
ここで設定します。 詳細を入力する前に、街路名をつけろうとします。 名前は駅前通りです。 照度条件はここで設定できます。すべて街路向けです。 それから、名前の駅前通りを展示します。
車道をクリックします。 ここに街路プロファイルに追加特徴を付け加えられます。 駐車帯は街路の両側にありますので、二回クリックするのは必要です。 この順番を変更します 車道をクリックしたら、矢印をクリックすると、車道は2番になります。 3Dビューに同時に変更されます。 歩道も同じ状況です。
一筋、二筋。 矢印かドラッグ&ドロップで順番変更できます。 ここにある細道は自動的に現れます。 それはマークされた計算表面の評価領域です。 計算のため、それぞれの細道の寸法を知らさなければなりません。 歩道の幅は既定値が2Mです。1.5Mに変更できます。 この件に駐車帯は2Mです。両側の駐車帯とも2Mにします。 そしてこの歩道を変更します。1.5Mになります。 好きならば歩道の街路に名をつけることができます。 だから歩道を再び名付けられます。
歩道1は歩道北になって、歩道2は歩道南に変更します。 そしたら後は結果を検討する時により理解しやすいです。 寸法を設定しなければなりません。
さっきのようです。 評価領域を見ましょう。 評価領域は一定の標準を満たさなければなりません。 まだ何の情報も挿入しなかった場合、歩道二つともCE5で、車道はME4aです。
修正はもちろんできます。 歩道を見ましょう。 ”歩道”は名前です。 照度のクラスはA、CE、Sで分類されています。 このプロジェクトには元に使ってるCE5にします。 車道の照明クラスはより多いです。 例えば、S、MEW、ME1~ME6、CE、Aクラス。 ME4AからME4Bに変えたいです。 クラスを変えると、ここにある数値が変わります。 例えば、ME4Bの評価領域には、
Tiは15以下であるべき、SRは0.5以上であるべきです。 たまに車道がもう一本あります。 照度クラスを変更しますね。 時として照度はある範囲でなければなりません。 例えば、この車道の照度は5~7.5 luxであるべきです。 元のME4Bに変更します。 下には稀なケースのみ利用される領域二つがあります。 例えば、鉛直面照度と半円筒面照度は一定のクラスにしか向いてないです。 底には自動グリッド点を設定できます。
よくこう使われています。 もし個別的に設定したいなら、ここをクリックしたら、数量設定できます。 寸法とクラスの要求を設定完了ですね。 依然としてトップにある保守率を修正することができます。 保守率は元の0.572に設定します。 今から本物のプランニングプロセスに進みます。 照明器具を導入しときます。 ここに照明器具ファイル取り込み機能を使います。 このプロジェクト向けのULD、LDT、IES、CIB、LTLファイルを取り込まれます。 もちろんここで使うのはULDです。 これは見つけた照明器具です。この動画の始まりで見た街路で使います。 置く場所を決められます。 そこをクリックして、選択する時に、これも注意してください。 照明器具アレンジをクリックします。
照明器具はすでに選択されました。 それは名称です。 ここに説明があります。
それに今のように、支柱の間の距離が見えます。 即時結果も含まれます。 今はちょっとスクロールダウンして、ライトの寸法データを見ます。 そして、はい、すべては街路の片側にあります。 支柱の間の距離を設定することができます。
例えば、今回の場合は、20Mにします。 ここに違うセットアップがあります。 これは両側のアレンジです。このようです。 これは両側のジグザグ形のアレンジです。 このようです。 支柱距離を24Mに変更します。
その24Mは、街路の片側の支柱距離を表します。 両側の支柱距離ではありません。 24Mはこの支柱からその支柱までの距離です。 お気づきかもしれませんが、評価領域は自動的に変更します。 それは評価領域はいつも2本の支柱の距離を準じます。 ここの数値を変更できます。変更すべきです。 実際の光中心の高さはこうです。 すべての数値を知りたいなら、マウスをここに移動します。
このピクトグラムが数値の意味を説明します。 オーバーハングは80CMで、ブーム角度は5度です。 変更結果すぐ見えます。5度に変更した結果です。 ここで照明器具数量/ポールを上げることができます。 車道までの距離を設定することができます。 ここでポール寸法をオン・オフすることができます。 一部分のメーカーは照明器具を提供する同時に、ポール寸法と他の情報も提供します。。 だからこれらを可視化か不可視にすることを決められます。 自動生成の結果がありますね。 ここに同時に結果を表します。 緑色のマークのリストの中に一つの赤いマークがあります。 それは、この件のTI値は要求を満足させないということです。 この赤いマークを取り消すと、赤いマークは無視されます。 これをクリックしたら計算できます。はっきりだから数秒でできます。 すべては緑色の値です。すべては計算されました。 一つの結果があります。 この後の動画で照明器具を比較する方法を紹介します。 その方法で一つ以上の結果が出てきます。 今はドキュメンテーションを見ましょう。 計画データはこのプロジェクトと我々より街路設計を説明します。 寸法、距離、クラス、表面クラスも説明されます。 これは結果の要約です。 ここで要件を満たさないかと確認できます。 見たくないなら、ページセッティングを使ってください。 ”要求を満たせる/要求を見たさない”を取り消したら、
このボタンをクリックして確認します。 そうしたらマークとかバツとか見えません。 車道1、歩道北、歩道南もこういう機能持つています。 街路計画プランナー使用の第一段階を楽しめば幸いです。 今後の動画で異なる照明器具を比較する方法を紹介したいと思います。 ご視聴ありがとうございます。また。


7 thoughts on “DIALux evo Tutorials for Beginners part 10 — Street lighting

  1. As a newcomer to this field, I wholeheartedly thank you for this guide.
    It's been extremely useful and I look forward to other tutorials, especially for DIALux evo 6, if possible.

  2. foremost and for all I want to say sorry regarding with this question, I'm just only a newbie in this industry. I'm hoping that you could help me because my mind will be EXPLODE thinking about this. I just wanted to know only if what is the use of those illuminance classes A1, A2, A3, A4, A5, CE2, CE3, CE4, CE5, S1, S2 and so on for sidewalks. And also for the roadway the illuminance classes ME3b, ME4a and so on. Is it requisite to determined individually? Thank you so much and looking forward to your kindness and patience. God Bless everyone!

  3. I like to use Dialux evo for parking lots and this is the closest tutorial I found, what would you recommend? Thanks much!!

  4. How to fix the luminaires at the centre of the street ? The software has options available only for sides of the street.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *